邦画でおすすめのホラー映画

日本のホラー映画には海外の映画では味わうことのできない独特な不気味さがあります。ジャパニーズホラーのそうした独自の価値は、海外でも高く評価されています。ここではその中でも特におすすめの映画をご紹介します。

リング

ジャパニーズホラーの火付け役となった、邦画の名作です。観ると呪い殺される、という呪いのビデオの謎を追う男を中心に描かれており、1998年公開当時はあまりの怖さに劇場で泣き崩れる人もいたそうです。こちらの映画は後にハリウッドリメイクされており、それだけ日本のホラーは世界に通用するものだと証明する作品にもなりました。監督を務めた中田秀夫はこの作品を皮切りに、ジャパニーズホラーを牽引する名監督としての地位を獲得しました。同監督による続編「リング2」も作られ、こちらも大ヒットを記録しました。

ハリウッド版「ザ・リング」

ハリウッドでリメイクされた「ザ・リング」ですが、続編となる「ザ・リング2」はオリジナルを担当した中田監督自らが手がけています。ホラーは物語だけでなく演出が特に大切です。日本の監督がハリウッドに呼ばれるということは、それだけジャパニーズホラーは独特で再現するのが難しいものでもあるということです。邦画独自の魅力を世界に発信する監督として、中田監督にはこれからもホラー映画を作っていただきたいですね。

Leave a Comment